世田谷区経堂の肛門科・胃腸科・消化器科・内科・痔の治療・内視鏡検査なら鶴町クリニック

痔の予防法

痔は、基本的に慢性疾患です。ですから、症状が軽い時は、来院をためらうかたも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
悪化を予防したり、ご来院した時に軽い処置で済むための、ご自宅で出来る予防法や市販の薬について、簡単にご説明させて頂きます。

痔の市販の薬について

痔の薬には、肛門内部や外側の患部に直接使用する「外用薬」と、飲む「内服薬」があります。一般には、外用薬が主流です。

外用薬の効果

痔核(いぼ痔)・裂肛(きれ痔)の痛みやかゆみ、出血、炎症などを和らげてくれます。
配合成分により、殺菌効果があるものもございます。

※外用薬の種類

・注入軟膏
肛門の内と外の両方の痔に使います。
・坐剤
主に肛門内部の痔に使います。先端を肛門につけて挿入します。
・軟膏
主に肛門の外側や、肛門の付近の痔に使うクリームです。

内服薬の効果

痔の内服薬の効果

炎症をやわらげたり、血行を改善したりしてくれます。
外用薬に比べ、効果はゆっくりあらわれます。

ドラックストアで購入の際は、薬剤師さんと相談すると良いでしょう。
肛門科を受診の際は、患者様の症状とご希望に沿って薬を処方いたします。
診療所では、診療室でお話ができますから、人目を気にする必要は一切ありません。ご安心下さい。

病院・クリニックでの痔の治療について

痔の治療は、病院へ行くと手術・切らなければ治らない。などと思われている方もいるようです。いぼ痔の場合、実際に手術をする患者様は全体の1~2割程度です。
多くの方は、薬や生活習慣の改善で症状が軽くなります。

肛門科外来の流れはこちら>>

痔の再発予防が大切です!!

ジオン注射・手術をしても再発する可能性は、ゼロではありません。
完治後に、完治前と同じ生活習慣を続けると、悪化したり、再発したりするということに繋がります。
辛い痛みや治療を避けるためには、生活習慣改善の努力が大切なのです。
そして、我慢せず少しでも早い来院がポイントです。

もっと早く来院下さっていれば、簡単な処置で治ったのにと思うことは本当によくあります。ご来院の際は、問診・検査それから生活習慣改善のアドバイスなども行いますので、症状が軽い方もお気軽にご相談下さい。

当院への問合せ・アクセスはこちら>>

自宅でできる痔の予防

自宅でできる痔の予防

痔にならないためには、どのような事に普段気を付けたら良いか?お悩みの方も多いと思います。
ここでは、今日から始められる痔の予防の取り組みを紹介させて頂きます。
(定期的に追加させて頂きます)
少しでもお役に立て頂ければ幸いです。

おしりに良い痔予防グッズ

円座・ドーナツクッションの利用

肛門に負担をかけないように工夫されたクッション・座布団です。
お尻の負担が軽くなります。

入浴剤・お風呂

自宅でできる痔の予防

痔に効果があるといわれる温泉は、全国にも多いものです!
お風呂にゆっくり入って血行を良くすることは、便通に良い生活習慣です。
また、清潔さを保つことでお尻の健康につながります。

おしりに良い痔予防の食事と習慣

規則正しい排便習慣を、まずは身に付けること

  • 便意があったら、我慢せずトイレへ行く!
  • 無理に出し切ろうとせず、排便時間は5分以内!

十分な水分補給を!!

水分不足は、便秘の原因の1つ。
水分を取ることを心がけましょう。
それから、起床時に、コップ1杯の水を飲むことも有効でしょう。
腸の働きが活性化され、便秘解消につながります。

朝食を食べましょう!!

自宅でできる痔の予防

便秘解消に向け、第一歩は、まず朝食を食べること。
気合を入れなくても、「朝ごはんを食べる」というだけでも、効果があります。

お手軽な朝ごはん
1.ライ麦パンや全粒粉パンなど
パンの種類を変えるだけで、食物繊維の摂取量はアップします。
2.玄米フレーク
冷たい牛乳は、腸を刺激し働きの活性化にもなります。

十分な食物繊維の摂取を!!

排便の改善には、1日20~25g程の食物繊維の摂取が理想。
しかし、現代日本人の平均摂取量は、10~15g程と言われています。
食物繊維を多く含む食材を、食べるように心がけましょう。
食物繊維は2種類に分けられますが、両方をバランスよく摂取しましょう。

食物繊維を多く含む食材
※豆、穀類、野菜、きのこ、海藻等に多く含まれます。
1.水に溶けない不溶性食物繊維
いも、セロリ、ごぼう、大豆など、野菜・すじっぽい物
2.水に溶ける水溶性繊維
昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いもなど、ぬるぬるねばねばした物

痔にならない為の10ヶ条

痔は、普段の生活で気をつけていれば、ある程度、未然に防ぐことができる病気です。
また、一度完治をしても再発する可能性は、ゼロではありません。完治後に以前と同じ生活習慣を続けると、悪化したり、再発したりするということに繋がります。

生活習慣を改善し、痔の予防をしましょう。

お風呂で充分に温まる、便秘に気を付ける、排便時に強くいきまない、長時間、座らない、長時間のドライブをしない、おしりはいつも清潔に、下痢に注意する、おしりを冷やさない、アルコールや刺激物は控えめに、専門医に相談するお風呂で充分に温まる、便秘に気を付ける、排便時に強くいきまない、長時間、座らない、長時間のドライブをしない、おしりはいつも清潔に、下痢に注意する、おしりを冷やさない、アルコールや刺激物は控えめに、専門医に相談する
ジオン注射の詳しくはこちら
↑
PAGE TOP