肛門科・痔の治療、肛門科外来なら東京世田谷区の鶴町クリニック

肛門科・痔の治療

肛門科診療のご案内 早めの来院が早く治すポイントです。

痔の治療は、肛門科へ行くと手術・切らなければ治らない、などと思われている方もいるようです。
しかし、いぼ痔の場合は、実際に手術をする患者様は全体の1~2割程度です。
症状は軽ければ軽い程、簡単な処置で改善します。

辛い痛みや治療を避けるためも、異常を感じたら1日も早い来院がポイントです。
安心して少しでも早くご来院頂けるよう以下では、診察の流れや治療内容を簡単にご説明します。

出産や便秘が痔の原因となることがあり、女性・男性問わず来院されます。
ほとんどの方が「恥ずかしがらずにもっと早く来ればよかった」とおっしゃるよう、患者さんの気持ちに配慮した診療を心がけていますから、安心してご来院下さい。

肛門科の外来  肛門科の疾患  痔と間違いやすい大腸の病気  内痔核の治療法の選択  痔の治療の種類  痔の予防指導も診療の1つ!  痔の治療費・料金について  気軽に立ち寄れる肛門科

肛門科の外来

肛門科の診察も基本的に、他の診療科目と同じ流れです。

診察順序

1.問診

どんな症状があるのか・あなたの生活習慣について・現在の排便の様子などを、お伺いします。

2.診察・検査

●まずは視診
横向きに寝て頂き、おしりを見させて頂きます。まずは目で状態を確認します。
※痔の診察といっても、服を全部脱いだり、脚を大きく開いたりすることはありません。

●次に触診、指診
指で触らせて頂き、痔核がないか、膿がたまっていないか、がんのような物が無いか、肛門は狭くないかなどを確認します。
その際、ゴム製手袋を使い、ゼリー状の麻酔薬塗り、極力痛みが無いように行っておりますのでご安心頂けます。

●肛門鏡による診察
場合によっては、肛門鏡といって、簡単な内視鏡を入れさせて頂き状態を調べます。

3、治療の説明

症状、ご希望に合わせた治療法をご説明します。
痔は、普段の生活で気をつけていれば、ある程度、未然に防ぐことができる病気です。
患者様の痔の原因に合わせた、生活習慣改善のアドバイスもさせて頂きます。

肛門科 症状と疾患

痔かもしれない?と思ったときは、早めの受診がおすすめです。
こんなおしりの症状は痔かもしれません・・・
または、大腸の病気が潜んでいるかもしれません・・・
以下に、代表的な症状と肛門疾患と、鑑別を要する疾患の関係を示します。

1.排便時の出血
真っ赤な血がポタポタ:内痔核
赤黒い出血:大腸がん、虚血性大腸炎、憩室からの出血
便の表面に血液が付着:大腸ポリープ、大腸癌
粘液と血液が混じる(粘血便):潰瘍性大腸炎、クローン病
真っ赤な血がトイレットペーパーに付着:裂肛、内外痔核

2.肛門部の痛み
排便時の痛み:裂肛、外痔核
常に痛い:血栓性外痔核(肛門部に硬結)、肛門周囲膿瘍(肛門部に熱感)、内外痔核に炎症を伴ったとき
激しい痛み:内痔核かん頓

3.肛門からの脱出する組織を認める
柔らかい:内痔核、皮垂
硬い:肛門ポリープ、血栓性外痔核
大きく出る:内痔核かん頓(痛みあり)、直腸脱(無痛)

4.下着が汚れる
粘液や便が付着:内痔核脱肛
膿の付着:痔瘻

肛門科の疾患

内痔核  内痔核かん頓  外痔核  肛門周囲膿瘍  痔瘻 “ジロウ”  裂肛  肛門ポリープ  尖圭コンジローマ

病変部位と解剖

病変部位と解剖

肛門科疾患と実例と解説

【内痔核】
下痢や便秘が長く続くと、直腸や肛門に、うっ血が生じます。
うっ血の結果、直腸の血管(静脈)が腫れてコブ状になったもの。
いわゆる”イボ痔”。
【内痔核かん頓】
肛門の外に脱出した内痔核が、元に戻らなくなった状態。
放置すると、血液の循環が途絶え組織が腐ってしまう。
速やかに整復する必要あり。
【外痔核】
排便時の強いいきみで血管が切れ、肛門の入り口付近に血の塊(血栓)が出来た状態。
【肛門周囲膿瘍】
直腸と肛門の境は、くぼんだ構造になっていて、肛門腺と言われています。
このくぼみに、細菌が繁殖し膿が溜まった状態。
【痔瘻 “ジロウ”】
肛門周囲膿瘍と同じメカニズムで、まず肛門腺(くぼんだ部分)に細菌感染(炎症)が起こります。
炎症が慢性化し、直腸と肛門皮膚がトンネル状につながってしまった状態。
【裂肛】
硬い便が出た時や、内肛門括約筋(便が垂れ流しにならない様に肛門を絞める筋肉)の緊張が強すぎて、肛門に傷(裂肛)が出来た状態。
【肛門ポリープ】
肛門に、慢性的に炎症が持続することで、肉が盛り上がり、ポリープ状になったもの。
炎症の原因としては、裂肛、内外痔核などが考えられる。
【尖圭コンジローマ】
肛門周囲に、ウイルスが感染し、イボが多発した状態。

痔と間違いやすい大腸の病気

肛門疾患のうち、三大疾患が、全体の9割強を占めています。
最もパーセンテージの多いのがいぼ痔(痔核)で、全体の60~65パーセントです。
裂肛と痔瘻で、2つあわせて30パーセントです。

しかし「おしりから血が出た!痔かな?」と感じた時、自己判断は禁物です。
下痢や腹痛などの症状はありふれているため、重大な病気の発見が遅れてしまうことがあります。

大腸がん

痔ともっとも間違いやすい病気が「大腸がん」です。

●主な症状

  • 便に血が混じる
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • 残便感がある

このような症状のため、痔と思って来院される方も多くいらっしゃいます。
原因は、高タンパク・高脂肪・低食物繊維という欧米型の食事が増えてきたためと言われています。大腸がんになるのは男性の方が女性よりも多いです。

最初は、「紙に血が付いた」「血便が出た」などの症状が見られます。また直腸がんではトイレに行っても便が少ししか出ず、しばらくするとまた便意をもよおすという症状が特徴です。
痔と決定的に異なるのは、痔は出血量が多いですが、大腸がんは便に血がつく程度です。
しかし、大きな痔核、脱肛などと直腸がんを併発していることもあります。
直腸から出血した場合は、血が明るい赤色をしているため痔と間違いやすいのです。
「あやしい」「不安」と感じたら、迷わずご来院下さい。
大腸がん検診の詳しくはこちら>>

大腸ポリープ

大腸の粘膜にできる良性のできもの(ポリープ)です。
症状は特にありませんが、まれに肛門から脱出したり、出血することもあります。
最も多い自覚症状は、血便です。
大きくなるとがんになるため、取る必要があります。
痔の検査で偶然見つかることも多い病気です。
大腸疾患の詳しくはこちら>>

クローン病

口から肛門までの消化管に、潰瘍がきたり炎症やを引き起こす原因不明の疾患です。
痔ろうや瘻孔(消化菅や他の部位に穴が開いてしまう状態)ができることもあります。
主な症状は、下痢や腹痛、発熱などです。
20~30代での発症が多いです。

●「あやしい」「不安」と感じたら、迷わずご来院下さい
大腸の内視鏡検査を受けましょう。ご安心下さい、当院の検査は「痛み知らず」です!!
大腸内視鏡検査はこちら>>

内痔核の治療法の選択

内痔核の患者さんに、先に述べた治療法のどの方法が最も望ましいか?
これは内痔核が、肛門の外に脱出する(脱肛と言います)程度によります。
脱肛の程度は、Goligher分類と呼ばれ、以下の様に、4段階に分かれます。
そして、Goligher分類別に望ましい治療法が推奨されています。

内痔核の治療法の選択

(Ⅰ度)
脱肛していない: 保存的治療(注入軟膏、座薬、内服薬)
(Ⅱ度)
排便時に脱肛するが、自然に戻る: ジオンを用いた硬化療法、 輪ゴム結紮治療
(Ⅲ度)
排便時に脱肛し、手で押し込まないと戻らない: ジオンを用いた硬化療法手術(結紮切除法)
(Ⅳ度)
排便時以外にも脱肛している: 手術(結紮切除法)

痔の治療の種類

痔の治療法は進化し続けており、現在、様々な治療法があります。
以下、色々な痔の治療法の特徴を簡単に述べます。

保存的治療

腫れをひく、座薬や軟膏を肛門に注入する治療です。

硬化療法(ジオン注射・ALTA療法)

4段階注射法

痔核に薬剤を注入し、痔核自体を小さくし固めてしまう方法です。
ジオンという極めて根治性の高い治療法が保険適応となり最も注目を浴びている治療法です。
今までだと手術以外に治療方法がなかった患者さんも手術をしないで治療が出来るようになりました。
詳しくはこちら(ジオン注射・ALTA療法)>>

ジオン注射は最も注目を浴びている治療法です。

結紮切除法

痔核に流入している動脈を結び、痔核を切除する治療法です。
いぼ痔の治療法の中では、一番根治性が高い方法ですが、手術を受けた後に出る痛みが怖くて、なかなか手術に踏み切れない患者さんが多くいらっしゃいます。

当院で導入している超音波メス(ハーモニックスカルペル)を使った手術は、止血が確実(術後の出血リスクがない)、手術による組織損傷も少なく、術後の痛みも極めて少なく治癒も早いのが特徴です。

●内痔核の結紮切除法とジオン注射の併用療法
ジオン注射だけでは、根治が難しい場合に、ジオン注射の効果が及ばない部分だけ切除というより削る感じの手術です。従来の結紮切除法に加えて大幅に切除範囲を減らすことができます。

肛門形成術(Anal Cushion Lifting法)

痔核に流入する動脈を手術操作は必要になるが、内痔核組織は原則切り取らない。
内痔核を持ち上げる手法です。メスを加わえますが、切除はしません。

●肛門形成術(Anal Cushion Lifting)の方法

  1. まず、脱出している内痔核に沿って縦の皮膚切開を加える。
  2. 内痔核は肛門括約筋と繊維組織を介して密着している。
  3. その繊維組織を出血しないように切離していくと、脱出した内痔核組織が括約筋から離れてブランブランの状態になる。
  4. 十分にブランブランの状態になったら、脱出している内痔核組織を直腸の元の位置に戻し、正しい位置で括約筋に固定する。

手術操作は必要になりますが、内痔核組織は原則切り取りません。本当にすごい画期的な考えだと思います。

輪ゴム結紮治療

内痔核を、輪ゴムで縛って、壊死させて治療する方法です。

極力切らずに治す!がモットー

当院の痔の治療は、「機能温存を重視しできるだけ切らずに治療」がモットーです。
早期の痔なら、軟膏の注入で治療が可能です。
また、従来なら手術が必要な内痔核(いぼ痔)でも、ジオン注射治療で対応可能な症例が多くなっています。日帰り手術の場合でも、肛門の皮膚(内痔核の場合)や筋肉(痔ろうの場合)は極力切らない!を鉄則にしております。
なぜなら、「痔を根治させたものの、便が漏れてしまう」、そんな日常生活に支障が出るような手術は絶対にしてはいけないからです。

痔の日帰り手術の詳細はこちら>>

痔の予防指導も診療の1つ!

痔は、普段の生活で気をつけていれば、ある程度、未然に防ぐことができる病気です。
また、一度完治をしても再発する可能性は、ゼロではありません。完治後に以前と同じ生活習慣を続けると、悪化したり、再発したりするということに繋がります。
肛門科の診療では、痔の予防のための生活習慣改善をアドバイスしております。

お風呂で充分に温まる、便秘に気を付ける、排便時に強くいきまない、長時間、座らない、長時間のドライブをしない、おしりはいつも清潔に、下痢に注意する、おしりを冷やさない、アルコールや刺激物は控えめに、専門医に相談する お風呂で充分に温まる、便秘に気を付ける、排便時に強くいきまない、長時間、座らない、長時間のドライブをしない、おしりはいつも清潔に、下痢に注意する、おしりを冷やさない、アルコールや刺激物は控えめに、専門医に相談する

痔の治療費・料金について

痔が悪化して、手術が必要となった場合、費用も気になることでしょう。
診察にかかる料金を簡単にご説明致します。

まず、手術前診察時に診察料・術前検査料(心電図、胸部レントゲン写真、採血)などの費用が別途かかります。こちらは、大体自己負担数千円以内です。

手術の費用は、内容によって異なりますので一概には言えませんが、大抵の痔の手術は健康保険が適用されます。ジオン注射や日帰り手術も、保険が適応されます。
手術入院保険に加入しているなら、痔の種類によって出ない場合もありますが、当院で行う治療のほとんどは、ジオン注射治療も含め、手術入院保険の対象になっています。
お気軽にご相談ください。

当院では、手術まえの診察時に患者さまへ、費用も併せて自分に合った治療・手術が選択できるようにご説明しております。

ジオン注射・手術の料金

患者様の状態により料金が多少異なりますが、下記が医療保険を使い、3割負担としての金額の目安です。

  • ジオン注射治療: 17,000円~
  • 内痔核手術: 19,000円~
  • 痔ろう手術: 症状が軽度の症例17,000円~、症状が重度の症例24,000円~

ジオン注射の詳しくはこちら>>

気軽に立ち寄れる肛門科

当院は経堂駅徒歩2分、閑静な住宅街に佇むクリニックです。
街のかかりつけ医として診療しております。
予防接種や特定健診、一般内科の患者さまなど、老若男女幅広く来院しております。
クリニック周りは、お店もなくとても落ち着いていますので、人目は全く気にせず、ご来院頂けると思います。

街のかかりつけ医として診療しております。

痔の治療・ジオン注射(ALTA療法)症例を含む肛門科日帰り手術は、お陰様で4000例以上の実績があります。
痔は、症状が軽い場合は薬の処方のみで済みます。
1日も早い来院がお勧めです。
初診の方は、予約は不要です。
出血、違和感、痛みなど何らかの異変を感じたら、お気軽に肛門科を受診して下さい。

ジオン注射の詳しくはこちら インターネットから診療受付
↑
PAGE TOP