ピロリ菌検査・除菌なら東京・世田谷区の鶴町クリニック

ピロリ菌検査・除菌

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息している悪い菌です。
主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。
子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合は、除菌をしない限り胃の中にすみ続けます。ピロリ菌に感染すると、炎症が起こりますが、この時点では、症状のない人がほとんどです。
ピロリ菌の感染が続くと感染範囲が「胃の出口」の方から「胃の入口」の方に広がって、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)が進行します。
この慢性胃炎が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには血液疾患など、全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。
特に胃がんの原因になる事が判明し、感染の有無をチェックすることが重要になってきました。

ピロリ菌 感染の原因

実は、ピロリ菌はどのような感染経路であるかはまだはっきりわかっていません。
ただ、口から菌が入って感染することは間違いないようです。
大部分は飲み水や食べ物を通じて、人の口から体内に入ると考えられています。
ピロリ菌は、ほとんどが5歳以下の幼児期に感染すると言われています。
最近ではこのような行為は見られなくなりましたが、以前は、ピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しで感染した事もあったようです。

ピロリ菌の年代別感染率

上下水道が完備していなかった、衛生状態の良く無い高齢者ほど、高い感染率です。衛生状態が良好な現在、将来的にもピロリ菌感染率は減少すると推測されています。

肛大腸内視鏡検査は、痛い・恐いと思っていませんか?注意! 恐いのは、検査をしない事です。

ピロリ菌 症状

  • 胃もたれや吐き気
  • 空腹時の痛み
  • 食後の腹痛
  • 食欲不振

これらの症状を、「ただの食べ過ぎ・胃に負担をかけたかな」や「ただの胃炎だろう」と思い込んでいませんか。

ピロリ菌と胃がんの関係

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、炎症が慢性化することで萎縮性胃炎になり、最終的には胃がんを発症することがわかりました。
ピロリ菌は、服薬による「除菌療法」で退治することができます。
ピロリ菌に感染している患者さんは、除菌しないと、胃がんのリスクが大幅に高くなります。
以前は、ピロリ菌は「多くの人が感染しているのだから、全員除菌しなくても良いのでは?」という意見でしたが、ピロリ菌と胃がん発生の関係が明らかになり、今では、「1匹残らず探し出して除菌すべき」という考えに変わってきました。
平成25年に胃潰瘍などの病気がなくても除菌治療が保険適応となったことで、検査や除菌を受ける人が増えています(ただし、胃の内視鏡検査を事前に受けて頂く必要があります)。
胃の内視鏡検査の詳しくはこちら>>

ピロリ菌の検査から除菌まで

ピロリ菌の除菌療法を始めるまえに、まずは除菌療法の対象となる病気があるか確かめます。内視鏡検査が事前に必要です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎を診断し、追加検査でピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。

●ピロリ菌が感染している慢性胃炎の除菌治療は保険適応です。
(1)ヘリコバクター・ピロリ菌が陽性であること
(2)内視鏡検査で慢性胃炎であること
この2点の確認ができると除菌治療は保険適応となります。

当院では、胃癌予防の観点から、ヘリコバクター・ピロリ菌が感染した慢性委縮性胃炎に対する除菌を積極的に行っております。お気軽にご相談ください。

ピロリ菌の除菌療法

ピロリ菌の除菌療法は、2種類の「抗菌薬」と「胃酸の分泌を抑える薬」合計3剤を服用します。
1日2回、7日間服用します。
1回目の除菌療法でピロリ菌が除去できるとは限りません。2回、3回やって、ようやく除菌できる場合もあります。
1回目の除菌を1次除菌、2回目、3回目を2次、3次除菌と言い、抗菌薬の内容が異なります。
除菌治療の薬が飲み終わり、4週間以上経過してから、ピロリ菌を除菌できたかどうかの判定検査を行います。この検査でピロリ菌が残っていなければ、除菌成功です。
おおむね、2回目の2次除菌でピロリ菌は除去される場合がほとんどです。
除菌成功率ですが、1回目の1次除菌では、80%前後、2次除菌で、ほぼ100%と言われてきました。最近では、新しい「胃酸の分泌を抑える薬」を使う事で、1次除菌でも90%近い除菌成功率になってきました。

↑
PAGE TOP